スポンサード リンク

2007年08月19日

筋肉痛の効果的な治療方法は

筋肉痛は普段しないような運動を急激に行ったり、強度な負荷を筋肉に与えると出てきます。
筋肉痛の痛みは誰でも知っていますが、その治療方法は知っているのでしょうか。

そもそも筋肉痛がおこるとき、筋肉に何が起こっているのか。
筋肉痛の原因は筋肉組織の部分的な損傷です。そして損傷に伴ってカリウムやヒスタミンなどの痛みを出す物質が神経を刺激することから筋肉痛が発生するのです。
筋肉痛を起こさないようにするのは、事前のストレッチや軽い運動、準備体操などで筋肉を暖めて血流を良くすることですが、筋肉痛治療でも同様なことが言えるようです。

筋肉痛の血流量と痛みの関連性について聞く話では、痛み始めは血流量が多いため、冷やして血流を抑える、痛みがピークをこえると血流量が減っていくので、温めて血行をよくすること。この治療方法によって筋肉痛の治りが早くなるとのことです。

上記から、家庭で筋肉痛治療をするには、氷嚢等ではじめは冷やしつつ、痛みが治まったら、温めのお風呂に入る、マッサージをすることで血流を促すことが効果的です。

また、血流を促すということで、筋肉痛治療に低周波治療器やお灸、針治療などという治療方法もあるようです。

筋肉痛治療に関して書きましたが、大切なことは、 筋肉痛を抑えるために、はじめは冷やす、そして痛みがピークをこえたら、あたためる
これを知っていれば、家でもどこでも?筋肉痛治療をすることができると思います。

おまけ

筋肉痛治療などが手軽にできる、貼る針治療があるようです。
まるで湿布を貼るように、一人で針を貼るわけです。
これが筋肉痛治療にどれだけ効果があるか、とても気になるところです。
タグ:筋肉痛 治療
posted by 筋肉痛の治療は at 09:20| 筋肉痛 治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。